業務用 紙製品、紙ワイパー、
不織布ワイパー、身体保護製品の製造・販売

【よくある工場の現場課題を解決】
生産性向上、安全管理を簡単にする5S活動法とは


2019.11.1

⑩【よくある工場の現場課題を解決】生産性向上、安全管理を簡単にする5S活動法とは.jpeg

工場における生産性向上や安全管理の徹底を図る上で、「5Sの実践」は最も基本的なテーマとなります。しかしながら、現場で発生する課題を踏まえて、効果的・効率的な方法を追求できている企業はほんの一握り。数%の工夫の積み重ね、生産性向上につなげるためにはどのような観点が必要なのでしょうか?今回は具体例を交えて、そのポイントをご紹介します。

 

工場における5S活動。何から始めるべき?

製造業の現場におけるテーマとして、極めて重要性の高い5S活動。その中でも基本となるのが「整理・整頓・清掃」です。特に、食品を扱う工場では、「整理・整頓」の習慣づくりや「清掃」の取り組み方が、工場全体の業務に影響を及ぼすといっても過言ではありません。

例えば、食品工場で一つでも不良品や異物混入が見つかれば、原因究明のためにラインを停止するケースもあり、それが事業全体のダメージにつながることもあります。このような重大な意味を持つからこそ、整理・整頓・清掃の取り組みが工場全体の生産性維持・向上に直結していることを忘れてはならないのです。

そして何より、お客様の口に入るものだからこそ、たった一度の異物混入が命に関わる恐れもあります。これまでに築き上げてきたお客様との信頼を守るためにも、「整理・整頓・清掃」を始めとする5Sは日常的に継続することが求められます。

整理・整頓・清掃の役割を正しく理解する

では、整理・整頓・清掃とは、そもそもどのような役割を持つのでしょうか?

まず、「整理」とは、”使わないもの、不要なものを捨てる”ということが原則です。工場内ではたくさんの人が働いているため、管理責任者、現場従事者、従業員との間で「不要なものは何か?」という基準を統一する必要があり、それらの線引きが大切になります。

続いて「整頓」とは、工場で使うものの置き場所や置き方を把握することが基本となります。例えば、備品が1つでもなくなっていれば、効率的に業務を遂行できなかったり、異物混入につながっていたりする恐れもあります。

最後に、「清掃」は、害虫の発生防止やアレルゲン物質の除去など、工場全体の清潔さを意味します。工場の設備や環境面だけでなく、工場内で働く人たちの清潔も極めて大切です。

工場の作業現場で頻繁に発生する「拭き取り作業」の課題

「清掃」を徹底する上で欠かせない作業が、ずばり「拭き取り」です。ここで広く活用されているウエスですが、現場ではいくつもの課題が指摘されています。

ウエスの使用で発生する3つの課題

1つ目の課題は、糸クズ・毛羽立ちの発生です。このような細かな異物混入の原因も予め排除する必要があります。2つ目の課題は、目的別の使い分けがしづらい点です。例えば、全ての作業を1種類のウエスで統一していると用途による使い分けがしづらいため、用途にあった産業用ワイパーを使う工夫が求められます。そして、3つ目の課題は、定位置管理の難しさです。ウエスは開封後にバラつきやすく、散らかってしまうため、工場の環境によってはそれが生産性向上を阻んでいる恐れもあります。

このような課題の解決を考える上で有効な施策として挙げられるのが、「産業用ワイパー」の活用です。



産業用ワイパーで作業効率とコストを改善

産業用ワイパーとは、衛生面の他、吸収量や低発塵が徹底された不織布ワイパーなどのことを指します。これらの製品は、糸くずが出ることもなく、素材・サイズが均一でコストも明確です。また、専用スタンド・ディスペンサーを使うことで定位置管理が容易になります。開封後に散らばったりすることもないため、作業の効率化・標準化を促すことができます。

そして、産業用ワイパーの優れている点の一つは、常に新しく清潔な状態で拭き取り作業ができる点です。ウエスは使うたびに捨てることはなかなか考えづらいため、この点は産業用ワイパーとの大きな違いといえるでしょう。また、使う分以外は定位置に置いたままで扱えることも、定位置管理に向いている特性です。ストック分も合わせて定位置管理を徹底することで、自然と整理・整頓も実践できます。


かつては、使い慣れた品を繰り返し使い続けることを美徳としてきましたが、消費者目線に立って5Sを考える上では、衛生面と環境面のバランスを取ることが必要になります。だからこそ、扱いやすく環境面にも配慮したワイパーを活用し、消耗品を積極的に取り入れた5S活動を推進しましょう。

「整理・整頓・清掃」に続いて取り組みたいのが「安全管理対策」です。

5Sと同時に安全管理対策で必須の熱中症対策

近年、5Sの取り組みを考える上で、熱中症対策を始めとする暑さへの配慮が求められています。これは、働きやすさや安全管理対策を考える上で必須の取り組みです。

例えば、「吸汗性」と「放湿性」の高い下着を身に着けるだけでも、快適性は大きく変わるでしょう。加えて、軽作業を中心とした工場内の業務では、「通気性」と「バリア性」を両立できるツナギ服が高い効果を発揮します。粉体などの通過をブロックしながらも、身体から発せられた蒸気を外へ逃がすツナギ服を着用することで、従来よりも安全かつ働きやすさを実現できます。

生産性向上、安全管理を念頭においた5Sが重要

生産性革命や働き方改革が求められる時代、5Sは単なるスローガンではなく、企業の未来を左右する重要なテーマといえます。工場内の一部分に気を取られてしまうのではなく、工場全体の生産性向上・安全管理を念頭に置いた5Sこそが、現代の企業に求められる考え方といえるでしょう。5S活動の一環として、産業用ワイパーや通気性に配慮したツナギ服をご検討のお客様は、ぜひ以下ページもご覧ください。

★カタログ・無料サンプルをご用意しています★ ▶「工場・製造現場向け製品」 ~作業環境の改善・美化、コスト削減に~

HOME > ブログ一覧 > 【よくある工場の現場課題を解決】 生産性向上、安全管理を簡単にする5S活動法とは